正統派かっさ療法 姫路・加古川で唯一の健康維持かっさと美容かっさが受けられるサロン

menu

かっさ療法 康養整体テテア

一度で病みつきになるカッピング療法(吸い玉)のその効果と即効性

img_2251_small

漢方や鍼(ハリ)、灸(きゅう)と並び、中国の伝統医学の一技法である「バーグァン」の影響で日本でも広く行われている伝統的な治療法。日本では「カッピング療法・吸い玉療法」と呼ばれています。吸い玉内の空気を抜く事で、皮膚を吸い上げて、深部に溜まった血液を皮膚近くまで吸い上げます。血行を促進させ、筋肉のコリ、ハリをとっていきます。体内に滞った毒素と呼ばれる老廃物を抜き出すことで、気血の流れを促進し、冷えや浮腫み、痛みなどの改善に即効性があります。疲労回復や新陳代謝UP、免疫力増進を高める効果のあるデトックス療法です。当サロンでは中国での技術実習を重ねより安全でかつ効果のある手法でご提供させていただいております。カッピングの手法は留罐法(リュウカンホウ)、走罐法(ソウカンホウ)、闪罐法(センカンホウ)をお客様の症状に合わせて行っております。カッピング箇所の残り跡の色具合により体調のよし悪し、さらに原因となっているものが判断できます。カッピングの色素反応は「身体の中の映し鏡」と言えます。最近では若い女性にもカッピングをするお客様が増えてきており当サロンでもさらに技術の向上を日々行っております。経絡セラピーのオプションとしてご提供しております。

ご予約はお得なクーポンで ↓ (ホットペッパーから)

関連記事